読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秀吉のロックンロールツアー!ファイナル

12月4日、日曜日。わたしの2016年を、もしかしたら締めくくってしまうかもしれない日がやってきました。

それもそのはず、群馬の高崎に、ワンマンライブとしては5年ぶりに「秀吉」が帰ってきたから、、!

<秀吉のロックンロールツアー!ファイナル>!!!

f:id:coyotee:20161207140345j:plain

このツアーに関しては8月のエントリ(物書き風に恰好つけて書いたやつ)を参照していただきたいのですが、前回のワンマンが5年も前となるとさすがに記憶が曖昧になっている……。ともすれば、どの作品のツアーだったかも……。

と思ったのも束の間、mixiの日記に、ライブレポとは言い難いメモ書きが残っていたのです。せっかくなんで、“リライト”します。

f:id:coyotee:20161207140602j:plain

こんなかんじです。

5年前にガラケーで撮影された画像は非常に粗くて、ぼやっとしているし、閲覧数も6というのがとても切ないけど、『くだらないうた』をひっさげてのツアーで、その初日をワンマンで駆け抜けた、ということがギリギリ読み取れますね。ちなみに、『きたない世界』で始まり、『夜風』で締めたライブだったみたいです。

ということで、今回のレポートは、5年前の情報もちょこっとだけあるような、そういった意味でも楽しんでいただける、かも。

(ちなみに今回のセットリストは秀吉オフィシャルツイッターにてご確認願います!)

ツアーファイナルの幕を開けるのは、『まっくらやみのなかで』。始まりが、ガッとひらけるような、まさに、「これからもやってやるぞ」というメンバー3人の強い意志を表すようで、今の秀吉にぴったりな選曲。始まった途端、歪む音にワクワクしたなあ。。

やはり秀吉は気迫がすごい。フィギュアスケートの羽生くんを見てるときくらい、ワクワクドキドキの気持ちと、それでも「すごいのを見せてくれることを確信しているよ!」という気持ちになる。

しかも今回は、アルバム『ロックンロール』の全曲(!)コーラス参加をしたというえつこさんが、ライブにも参加!!!!

CDでは何度も聴いたえつこさんのコーラスも、生で聴くとまた印象は変わるもので。ただ華やかになる、というわけではなくて、えつこさんのコーラスが入ることによってよりシャープになるイメージ。曲によって、クールな風になったり、その逆に、温かみの上乗せになったりしていた気がする。

(ちなみに5年前も『あお』と『歩こう』ではピアノ&コーラスのサポートが入っていました!)

『ナイフ』ではまさかの始まりミスがありましたが、柿澤さんは「ナイフという曲でした!じゃあ次にナイフという曲を〜……」と、しれっと進行(笑)実はこれ、5年前にも同じ展開があり、、

f:id:coyotee:20161207140544j:plain

デジャヴ……(笑)

前回のワンマンは、エレクトリックは勿論やりながら、アコースティックのセットもやっていて。『夜の唄』に関してはその一幕。。前ドラマーの内田さんがカホン的な楽器を叩き、町田さんはトライアングルを鳴らして、トライアングラーTATSUとしてそこには居た。。という記憶と記録がありました(笑)

なんて、私が前回のワンマンに思いを馳せているなか、たぶんもっと昔のこぼれ話がMCで……

炊飯器を買って、自炊して節約しようと目論みるも、ライブ終わりの打ち上げに全部行っちゃってたよね、という若かりし頃の?ツアーの話。でも今はお酒による脳への影響を感じてるから、楽しいうちに帰る、みたいな話。お体ご自愛ください……(笑)

と、話はMCになりましたが、柿澤さんのMCが年々ヘタになっていく(うまくなってヘタになった?)という批評をした町田さん(笑)のベースが特に恰好よい『ヌル』→『歩こう』の流れは圧巻だったなあ。歩こう、本当に好きな曲。そしてすべての曲に言えるけど、町田さんと神保さんのグルーヴ感。。

アンコールでは、クラウドファンディングの企画で作った『光』もやっていて、また新しい秀吉の一面を見られて嬉しいという気持ちでした。テーマとしては、ファンに向けての曲、だったかな、、?

ダブルアンコール。最後は『夕の魔法』でした!

今回は、前回のエントリとは一風変えて少しほのぼのと、ゆるっとした感じでお送りしました。

ちょうどデータが残っていた5年前のレポを引っ張りながらのレポになりましたが、そうはいってもやっぱり今がいい。「昔はよかったな」とかじゃなくいたいし、そしてそうさせない、“今”を見せ続けてくれている秀吉がすごいし、好きだな!と思った。過去も未来も大事だけど、今をどれだけ、なんだなと改めて思わされるというか。まさに『明日はない』!!「続けている」だけじゃなくて、「続けている上で新しいものを提示してくれている」感。だから、もっと多くの人に、今の秀吉を目撃してほしいと強く思いました。今回のツアーは、ライブだけじゃなくて、クラウドファンディングに始まり、youtubeでのCM公開やLINE LIVEでのリハ放送などなど、それらの一つ一つすべてが“ツアー”で、今の秀吉を存分に見れる場が多くて、本当に嬉しかったなあ。

バンドとしても、柿澤さんの個人のあれやこれやも、これから色々あるようで、秀吉が地に足をつけて飛躍していく姿が楽しみでしょうがないです。みんな〜〜!!観てくれ〜〜!聴いてくれ〜〜!!ありがと〜〜!!

「秀吉のロックンロールツアー!」CM4

https://youtu.be/jMCqNynXz0c

秀吉「明日はない」MV

https://youtu.be/i3t66F_7rPA