秀吉『白い電車』

音楽を聴くとき、何を中心に聴いているだろうか。わたしは歌詞に重きを置いている。共感できるかできないかとかいう、野暮なものではなく、どちらかといえばポエティックなものが好きだ。

※ちなみにインストバンドも聴くので、歌詞がない音楽は認めない!などということはない。歌詞があるなら、そこに注目して聴くということである。

もともとはスピッツの存在が影響している。草野マサムネの描く世界観は誰でも出入り可能に見えて、何を言っているかわからないものもあるし深すぎる解釈をしてしまうようなものが多い。そこに引き込まれたことが、この音楽の聴き方のきっかけだと思う。

最近、音楽を聴くことを特に趣味としていない友人と話しているとき、「好きだなって思う曲はメロディをいいと思っている。歌詞は同時に入ってこない。あとで歌詞を見たときに、『こんなことを歌っていたのか』とやっとわかる」と言われた。一方わたしの音楽の楽しみ方とは、①小説を読むように、(自己投影というよりかは)その曲の空気や登場人物を楽しむ、②口ずさめるようになるまでになる(ストレスを発散するための、同一化の一つかもしれない)という風だから、そんなことがあるのか、と超絶勝手に思ったのだ。

好きなものやこだわりのあることを話すと、どうしても感情的になってしまう。前述の友人にもうまく自分の楽しみ方を説明できなかったので、その伝わらなさに、イライラした。そしてあとで思い出して猛烈に反省をするのはいつものことだ。だから相手を特に定めず、文字で書くしかない。

さて本題。今回は今お気に入りの歌詞について紹介したい。

秀吉/白い電車

君の駅までの切符を持って

君の駅を通り過ぎて

寝過ごしたふりで落ち着いたあとに

やりきれない気持ちとかで

はりさけそうなんだ

胸の奥から はりさけそうなんだ

秀吉のアルバム『へそのお』に収録されている『白い電車』。最高にエモい。

想いを伝えようとして、それでも伝えられなくて、その自分に気づかないようにして、あとで胸を痛めている。それを電車の進行が効果的に切なさを増している。そこが一番のお気に入りポイントだ。それから「君の駅までの切符を持って」からすぐに「君の駅を通り過ぎて」があっさりやってくるのもまたよい。

この主人公は、どうにかして切符を買えないほうがよかった、と思う。想いを寄せている相手が、手の届く存在でなければよかったと思う。途中下車する勇気がなかったのなら初めから乗れなければよかったのに。

秀吉のロックンロールツアー!ファイナル

12月4日、日曜日。わたしの2016年を、もしかしたら締めくくってしまうかもしれない日がやってきました。

それもそのはず、群馬の高崎に、ワンマンライブとしては5年ぶりに「秀吉」が帰ってきたから、、!

<秀吉のロックンロールツアー!ファイナル>!!!

f:id:coyotee:20161207140345j:plain

このツアーに関しては8月のエントリ(物書き風に恰好つけて書いたやつ)を参照していただきたいのですが、前回のワンマンが5年も前となるとさすがに記憶が曖昧になっている……。ともすれば、どの作品のツアーだったかも……。

と思ったのも束の間、mixiの日記に、ライブレポとは言い難いメモ書きが残っていたのです。せっかくなんで、“リライト”します。

f:id:coyotee:20161207140602j:plain

こんなかんじです。

5年前にガラケーで撮影された画像は非常に粗くて、ぼやっとしているし、閲覧数も6というのがとても切ないけど、『くだらないうた』をひっさげてのツアーで、その初日をワンマンで駆け抜けた、ということがギリギリ読み取れますね。ちなみに、『きたない世界』で始まり、『夜風』で締めたライブだったみたいです。

ということで、今回のレポートは、5年前の情報もちょこっとだけあるような、そういった意味でも楽しんでいただける、かも。

(ちなみに今回のセットリストは秀吉オフィシャルツイッターにてご確認願います!)

ツアーファイナルの幕を開けるのは、『まっくらやみのなかで』。始まりが、ガッとひらけるような、まさに、「これからもやってやるぞ」というメンバー3人の強い意志を表すようで、今の秀吉にぴったりな選曲。始まった途端、歪む音にワクワクしたなあ。。

やはり秀吉は気迫がすごい。フィギュアスケートの羽生くんを見てるときくらい、ワクワクドキドキの気持ちと、それでも「すごいのを見せてくれることを確信しているよ!」という気持ちになる。

しかも今回は、アルバム『ロックンロール』の全曲(!)コーラス参加をしたというえつこさんが、ライブにも参加!!!!

CDでは何度も聴いたえつこさんのコーラスも、生で聴くとまた印象は変わるもので。ただ華やかになる、というわけではなくて、えつこさんのコーラスが入ることによってよりシャープになるイメージ。曲によって、クールな風になったり、その逆に、温かみの上乗せになったりしていた気がする。

(ちなみに5年前も『あお』と『歩こう』ではピアノ&コーラスのサポートが入っていました!)

『ナイフ』ではまさかの始まりミスがありましたが、柿澤さんは「ナイフという曲でした!じゃあ次にナイフという曲を〜……」と、しれっと進行(笑)実はこれ、5年前にも同じ展開があり、、

f:id:coyotee:20161207140544j:plain

デジャヴ……(笑)

前回のワンマンは、エレクトリックは勿論やりながら、アコースティックのセットもやっていて。『夜の唄』に関してはその一幕。。前ドラマーの内田さんがカホン的な楽器を叩き、町田さんはトライアングルを鳴らして、トライアングラーTATSUとしてそこには居た。。という記憶と記録がありました(笑)

なんて、私が前回のワンマンに思いを馳せているなか、たぶんもっと昔のこぼれ話がMCで……

炊飯器を買って、自炊して節約しようと目論みるも、ライブ終わりの打ち上げに全部行っちゃってたよね、という若かりし頃の?ツアーの話。でも今はお酒による脳への影響を感じてるから、楽しいうちに帰る、みたいな話。お体ご自愛ください……(笑)

と、話はMCになりましたが、柿澤さんのMCが年々ヘタになっていく(うまくなってヘタになった?)という批評をした町田さん(笑)のベースが特に恰好よい『ヌル』→『歩こう』の流れは圧巻だったなあ。歩こう、本当に好きな曲。そしてすべての曲に言えるけど、町田さんと神保さんのグルーヴ感。。

アンコールでは、クラウドファンディングの企画で作った『光』もやっていて、また新しい秀吉の一面を見られて嬉しいという気持ちでした。テーマとしては、ファンに向けての曲、だったかな、、?

ダブルアンコール。最後は『夕の魔法』でした!

今回は、前回のエントリとは一風変えて少しほのぼのと、ゆるっとした感じでお送りしました。

ちょうどデータが残っていた5年前のレポを引っ張りながらのレポになりましたが、そうはいってもやっぱり今がいい。「昔はよかったな」とかじゃなくいたいし、そしてそうさせない、“今”を見せ続けてくれている秀吉がすごいし、好きだな!と思った。過去も未来も大事だけど、今をどれだけ、なんだなと改めて思わされるというか。まさに『明日はない』!!「続けている」だけじゃなくて、「続けている上で新しいものを提示してくれている」感。だから、もっと多くの人に、今の秀吉を目撃してほしいと強く思いました。今回のツアーは、ライブだけじゃなくて、クラウドファンディングに始まり、youtubeでのCM公開やLINE LIVEでのリハ放送などなど、それらの一つ一つすべてが“ツアー”で、今の秀吉を存分に見れる場が多くて、本当に嬉しかったなあ。

バンドとしても、柿澤さんの個人のあれやこれやも、これから色々あるようで、秀吉が地に足をつけて飛躍していく姿が楽しみでしょうがないです。みんな〜〜!!観てくれ〜〜!聴いてくれ〜〜!!ありがと〜〜!!

「秀吉のロックンロールツアー!」CM4

https://youtu.be/jMCqNynXz0c

秀吉「明日はない」MV

https://youtu.be/i3t66F_7rPA

サマーボム2016

f:id:coyotee:20160822040513j:plain

毎週火曜の深夜に、「フリースタイルダンジョン」という番組が放送されている。もはや説明は不要だろうからしない(ただ説明が面倒なだけ)。

私はそれを知り、毎週見ていくうちに番組内のmonster、R-指定(Creepy Nuts)にまんまとハマったのであった(最初はRさんにはハマらないつもりだったし、『TOKYO TRIBE』を観ていたので漢さん推しだった)。ちなみに今までHIP HOPに関わったことはなく、ロック畑をよく耕し、ジャズ畑も少しだけ草取りをしているくらいである。

わりと早い段階でCreepy Nuts(R-指定&DJ松永)の「たりないふたり」をダウンロードして、グッズをチェックした。そしたらなんと、彼らのロゴTシャツがとびきり可愛い。なんとしてもほしい。なんだ、通販やってるじゃん。いや待てよ、送料かかるのか。。だったらライブに行って買ったほうが絶対にいい。そうに決まっている。と思い、次の日のライブに行ってロゴTシャツを買った。圧倒的衝動感。それが、5月の話だ。

夏もジワジワと近づき、またCreepy Nutsのライブに行きたいと思った。Creepy NutsのオフィシャルTwitterアカウントのツイートにまとめられている、見やすいライブスケジュールを覗くと、行けそうなのは8月、HIP HOPフェスの「SUMMER BOMB 2016」(以下サマーボム)しかない。Zeebraによるプロデュースのフェスらしい。そのときは確か他の参加アーティストもあまり発表されていなかった気がする。ただ、"超先行"で、チケットが通常の約二分の一の額で買えるということだったので、またもや衝動で買ってしまったのであった。

そして8月21日。

会場の野音周辺につくと、それっぽい人たちが多い。キャップ、サングラス、半ズボン。いや、野外だし、、むしろ彼らの格好は機能的なはずである(そして女性はおでこを出している人が多い!)。ライブハウスにばかり通う私には、少しだけ刺激的であっただけの話だ。

野音に来たのは、いつだったか、Base Ball Bearサカナクションが2マンをしたとき以来だったが、アーティストが近くに感じられる場所で、やっぱり好きだ、とふと思った。

私のお目当てはCreepy Nuts、CHICO CARLITO、サイプレス上野とロベルト吉野、般若あたりで、ガチガチな「フリースタイルダンジョン勢」であり、明らかな"にわか"だった。しかし、お目当てとかそうでないとか関係なく全部を楽しみたいと思っていたので、約6時間、席から離れることはなかった(ちゃんと水分は摂っていた)。

あと、何より隣の男性がノリノリで、私はそれを見よう見まねでノることにしていたので、かなり助かったし、アウェイな場に馴染むことができた。ありがとうございました。

今回特に強く感じたのは、HIP HOPの現場は恥ずかしさが全くなく、どう踊ってもいいし、自分の好きなところで手をあげられれば、声もあげられる、ということだ。UZIの「ウェイヨー」に大きく「ウェイヨー」と返せる幸せったらない。

今日のフェスは、もちろんアーティストがそれぞれ限られた時間の中でパフォーマンスをしていくというのがメインだったが、やはり「フリースタイルダンジョン」の要素を入れてきたのがサマーボム。いつもの審査員を携えて、フリースタイルバトル(エキシビションマッチ)も行われた。個人的に、T-Pablowくんがキレキレだったことが一番印象に残っている。

14時に客入れを始め、15時に幕が上がったサマーボム。18時半を超えると空が暗くなってきて、だんだんと照明が映えてくる。

最終ブロックの般若、RINO LATINA II、AK-69のライブはさすがに重い。ずしん、とくるものがあったが特に歴史を知ってるわけではないので、「さすがに」と書きつつもよくわかっていない。ただただ、圧倒された。

全日程が終了し、時間がないと言いつつも、出演者のサイファーで締める。

飽きっぽい私自身、来年まで彼らのシーンを見続けているかはかなり怪しい。しかし、どうにかして、このブームに加担していきたい気持ちがある。Zeebraも、もっと大きいところでサマーボムをやっていきたいと言っていた。みんな、来年の開催が決まったら是非前売りを買おうぜ。

私はまだまだ入り口のあたりをウロチョロしているわけで、HIP HOPうんぬんなんて何も言えないし言う気もないが、とにかくHIP HOPというジャンルへのエスコートをしてくれたZeebraにありがとうと伝えたい。

ウェイヨー!!!

こぼればなし↓

まだ空が明るい時間、大きい水鉄砲を持ったZeebraが、野音の会場左側の関係者スペースを走り、客席に水を放ってきた。そのときのZeebraは無邪気で(れっきとしたサービス精神だと思うが)、お茶目以外の何物でもなかったので、これまた、まんまとときめいたのであった。やっぱりありがとう。

ロックンロールの初期衝動

f:id:coyotee:20160821004914j:plain

このタイトルだけを見ると、スピッツのニューアルバム、「醒めない」を連想する人はいるだろう。しかし今回はスピッツのことではなく、群馬初の3ピースロックバンド「秀吉」のツアー初日について、拙いながら書いていきたい。

2016年8月20日。落ち着かない天気のなか、新代田FEVERにて「秀吉のロックンロールツアー!初日」が敢行された。その名の通り、8月3日リリースのニューアルバム「ロックンロール」をひっさげてのツアーとなる。ちなみに3年前の8月には、ここFEVERで「むだいの恋人」と称した、indigo la Endとの2マンライブが行われている。

今日のライブの開演を告げるのは、「まっくらやみの中で」。

ステージ上から発せられる音が、声が、いつもよりも力強く聞こえたのは、私がスピーカーの前に陣取っているからなのか。そう一瞬思ったが、きっとそれだけではなかったはずだ。加えてツアー初日というのもあるだろうが、やはりこの「ロックンロール」というニューアルバムに掛けるメンバーの思いの強さが露呈されたのだろう。今回のアルバムが、自主レーベルになってから新しく作った曲ばかりのアルバムであることや、クラウドファンディングでの、ファンと一体になったアルバム制作に挑戦したことは、大きいと予想できる。また、vo&gt柿澤秀吉氏の、至る所でのインタビューにもあったような気がしているが、自分たちの音やライブを素直に肯定するようにしたことも(客に『今日のライブよかったです!』と言われたら『俺もそう思う!』と返すとか)、この力強さに少なからず影響しているのではないかと感じた。

そして、ニューアルバムからの「叫び」と「潮騒」はそれぞれ今までの秀吉の曲にはなかったような、速さ、ドコドコ加減であり、おかげでメンバーはそこに疲労を見せつつも(笑)、どこか、何かを爆発させるような演奏であった。これまた何時ぞやのインタビューから、「みんなでLUNA SEAの曲をスタジオで合わせたりするようになって……」といったような文面を思い出し、納得がいった。そこにあるのは"初期衝動"だと。

また特記したいのは、弾き語りでは「癒される」とコメントされる柿澤氏の声も、「秀吉」というバンドのなかで鳴らせば別物で、特別にエモーショナルで、ぐるりとえぐられるものとなる、ということだ。しかも今回、「ヌル」はダブやレゲエ調だったり、「明けない夜」はラップ風だったり、そして「メリーゴーランド」では語りを入れていて、そのエモさが余計に際立っているのだ。

楽しい時間の流れは早いものであり、「ロックンロール」の曲はもちろん、「道草の唄」など懐かしい曲も演奏しつつ本編終了。その後アンコールがあり、ライブの最後は「夜風」で締めくくった。

帰り道、何故私はこんなにも秀吉のライブに足を運んでいるのだろう、と考えた。普段聴いている秀吉の音楽を生で観たいとか、同じ空間で、同じファンと楽しさや切なさを共有したいという気持ちは当然あるし……っていうか単に「好きだから」でいいじゃん、とも思うけれど。しかし「明けない夜」の歌詞に「感動や熱狂といったそれは 1、2回目で飽きてる」とあるように、何回も行くものなのかな?と。周りから見ればそう思われるのかなあと思ってみたり。ただ、今回の自問自答で私が見出した答えは、そのときの秀吉を目の当たりにしたい、今の秀吉を目撃したいから、である。「三日月と砂漠の花」を初めてライブで聴いて、なんだか新鮮だなと思ったこと、「明けない夜」を聴いたときも、ちょっといつもと違うなと思ったこと。そういえば今日は「ヌル」のイントロが聞こえてきたときに、ダークな、ブラックな秀吉を目撃できるのだとワクワクしたものだ。秀吉のライブには、毎回、初めての感動や熱狂があるのだと言えるかもしれない。

「結成12年。人生で言えば小学6年生ほど」と本人たちは言っていた。それならば、同じく人生で言ってみれば、まさに成長期。

まだまだ、落ち着くことなく、秀吉の成長や挑戦、遊びを見せつけていってほしいと思う。

12月、地元高崎でのワンマンも、首を長くして楽しみに待っていたいものである。

・秀吉「明日はない」MV

http://youtu.be/i3t66F_7rPA

・秀吉「ロックンロール」 全曲試聴

http://youtu.be/yxyG4Wvw3kg